なくてはならない畳の部屋

最近は洋風の建築様式になり部屋のほとんどがフローリングになりましたがやはりゴロンと寝転ぶには畳の部屋が一番リラックス出来ます。

畳が日本に登場するのは古くは古事記、万葉集、日本書紀に今で言う遠足に折りたたんで持って行くレジャシートのような感じで登場します。漢字で「折り畳む」と言う表記はこれで納得します。


現存するものとしては奈良時代のもので「御床畳」で東大寺正倉院にある聖武天皇が使用した物があります。

形としてはムシロを数枚重ねた物の表面に草で編んだコモをかぶせ錦の縁を飾りがあります。

それを木製のベッドの様台の上に乗せ使用しました。平安時代、貴族の住まいが寝殿造りという建築様式になり板間の部屋で今で言う座布団や寝具の代わりに必要な場所に置いて使うスタイルになりました。

鎌倉時代には寝殿造りから書院造になり真ん中を残して部屋の周囲に敷き詰める形になり今の形に近づきました。

室町時代には茶道が発展するのと同時に茶室を兼ねた数奇屋風の書院造が広まり日本独特の座り方である正座が登場し、江戸時代にかけてこの建築様式は江戸の町人にも広まっていきました。

畳の張替えの費用の情報を公開しています。

江戸時代中頃には一般的なものになりましたが高価でしたので手入れをして長持ちさせるメンテナンスの知恵も確立させていきました。



江戸後期になると広島、岡山でい草の栽培が盛んになりこの頃畳職人と言う職業が確立し、さらに庶民にも広まっていきました。



現代に入り洋式の建築様式になったとは言え、近年、意外な効果が発見され見直される様になってきました。大きく6つの効果があり、日本の高温多湿の気候に適した湿度の調湿効果、適度な弾力があるので赤ちゃんやお年寄りには安心の弾力性、たくさんの空気を含んでいるので防音効果、表面のい草にはシックハウス症候群の原因となる化学物質を吸着し、空気清浄機のような効果、スポンジのような構造なので断熱効果がある、い草の香りには鎮静効果がるので子供の集中力が上がる、と様々あります。


今ではお洒落な洋風の部屋で合う物もあるので是非一部屋は畳の部屋を見直しましょう。